見積もりについては無料で行ってくれるところが多い

不用品がある際には自治体の大型ごみ収集

自治体のごみ回収は、一般的に週一度と決まっているので、曜日も地域により違いますが「毎週○曜日」と固定されていることが多いです。
そのため不用品がある際には、自治体ごとの大型ごみ収集センターなどに連絡して、前もって申し込みや回収予約を行う必要があります。
処分料金については、回収を行う人に支払うのではなく、前以て処分する品物に当て嵌まる手数料分の「大型ごみ処理手数料シール」を買うという形で支払うのが一般的でしょう。
大型ごみ処理手数料シールは、銀行や郵便局・コンビニなどで購入できます。
順調な場合は申し込みした翌週に回収してもらえますが、引っ越しシーズンや年末の大掃除シーズンでは、回収予約が込み合うため、中々回収してもらえない事もあります。
自治体に頼んだ際の回収品は、決められた日時や曜日に回収してもらう形になります。
回収品については、回収当日に合わせ屋外のわかりやすい所に置いておくと良いでしょう。

回収時の作業の面においても回収業者の方が

不用品の回収や処分を依頼するなら自治体よりも粗大ごみ回収業者の方が便利でしょう。
回収行うまでの手間やスピードは、回収業者の方が早くて手軽です。
回収時の作業の面においても、回収業者の方が対応してもらえる作業範囲が広いでしょう。
これは業者によるのですが、自治体では引き取ってくれないような、家電リサイクル法の対象品などの不用品も回収してくれる業者もあるので便利です。
一般的には、回収業者よりも自治体の方が安く不用品の処分は可能ですが、大量の不用品がある際などは、回収業者の方が安く済む事もあります。
不用品の回収や処分を自治体に依頼する際には、1点数百円からと非常に低価格で回収してもらえるというのが魅力です。
カップボードや3人掛けソファのような大型の不用品でも、1点3,000円に満たないような低価格で回収してもらえるでしょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
▲ページTOPへ戻る