家電リサイクル法の対象品については回収の対象外

家具が大きくて家から出ない際などでも

自治体で回収してもらう際は、基本的に回収する者は外にあるものを積み込み回収するだけです。
特別な理由がない限り、家の中の物を搬出する作業については、基本持ち主が行うということになります。
家具が大きくて家から出ない際などは、自身で解体するということになるでしょう。
このように区や町などの自治体に不用品を処分してもらう際は、とても低価格で処分してもらうことができます。
ですが、安い分、融通が利かない場合があり、不便に感じるということが多いといった面もあるでしょう。
不用品回収の流れについては、自治体の不用品回収受付や大型ごみ収集センターへ連絡する・週に1度の回収日に合わせて回収日を確定させる・受付の際に不用品を出す場所を打ち合わせする・指定された手数料分のごみ処理券を買っておく・指定日当日に不用品を屋外の指定された場所に出しておく・当日自治体の指定業者が回収にくるということになります。

不用品は業者のスタッフが家から運び出して

不用品の回収日については、何曜日と決まっているわけではないので、不用品回収業者と依頼者で打ち合わせをして、都合の良い日時を設定すると良いでしょう。
なかには、最短即日の回収も出来る場合もあるのでとても便利です。
割りと好きな日や時間帯を設定する事ができるため、都合に合わせてもらいやすいというのも魅力です。
不用品は業者のスタッフが家の中から運び出してくれるところがほとんどでしょう。
事前に外に出しておく必要がなく、業者のスタッフが回収日に手際よく家の中から運び出してくれます。
殆どの場合は、準備などは特別に必要なく、すべてお任せで不用品を回収してもらえるでしょう。
家から運び出しの際は、床や壁などを傷つけないようきちんと養生してもらえるため安心して任せられます。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
▲ページTOPへ戻る