長さや重さが決められているため

高齢の方や女性の方で運び出すのが大変

不用品回収業者に処分を依頼する方がおすすめだという大きな理由としては、処分品の回収作業をしてもらえるかどうかでしょう。
自治体は、回収日に合わせて自分で屋外に出しておく必要がある・業者は回収日にスタッフが家の中から外へと運び出してくれます。
このように自治体の場合は、処分品を自分で運び出す必要があります。
その点回収業者に依頼すると、搬出作業はすべて業者スタッフにお任せ可能です。
場合により、大きな家具の解体作業を自分で行わなくてはならないという場合もありますが、大体スタッフがすべて行ってくれます。
力のない高齢の方や女性の方・一人暮らしなので、運び出すのが大変だという方にとっては便利だといえるでしょう。
問い合わせや対応可能時間についても、業者の方が長時間なので便利でしょう。
自治体は、朝8時から夜17時まで対応で、回収業者業者は、業者により異なりますが、朝8時から夜24時まで対応してくれるでしょう。

回収業者は平日や休日でもOK

自治体の場合は、平日の朝8時から夜17時までのみの対応で、平日仕事をしているという方は、昼休憩時間に電話をかけるしかありませんが、自治体も12時から13時までは休憩中のため連絡が付きません。
そのために、連絡が取りにくく感じてしまうでしょう。
回収業者は平日や休日は関係なく、朝8時から夜24時まで対応しています。
仕事帰りや仕事が休みの日でも、お客様の都合が良い時間に対応できるため利便性が高いでしょう。
問い合わせ方法ついても、電話やメールだけではなく、LINEなどでも申し込みができます。
LINEにて回収対象品や現場の写真を送ると、見積金額を計算してもらえるため、手軽に問い合わせが可能です。
サービス内容についても、回収業者の方が種類は豊富でしょう。
自治体は、不用品回収サービスのみを提供していて、回収業者については、不用品回収や不用品買取・ハウスクリーニングサービスなどの提供も行っています。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
▲ページTOPへ戻る