自治体のゴミ回収者と不用品回収業者の異なる点は?

一方で不用品回収業者については、大抵の物は引き取ってもらうことは可能ですが、銃のような武器や盗品・ペットといった常識的に考えられない物は扱う事が出来ません。
不用品回収業者といっても色々あるため、対応力に差はあるのですが、多くの場合は自治体で引き受けてもらえないというような物も引き受けてくれます。
テレビや冷蔵庫・エアコンなどのリサイクル家電についても引き取ってもらうことが可能です。
また、不用品回収業者の良い面としては、電話1本で都合の良い日時を指定して回収に来てもらえるという事でしょう。
引越し前などにより、時間に余裕がない方や時間を有効に使いたい方には嬉しいポイントででしょう。
ほかにも、玄関先まで荷物を取りに来てくれる業者が多いため、自分で指定日に指定場所まで持っていかなくても良いということも良い面でしょう。
「不用品回収業者については料金が心配」という方もいるかもしれませんが、多数の不用品回収業者は明確な料金体系を採用しているため、初めての方でも安心して依頼する事が可能でしょう。
トラック1台でいくらという料金体系になっていたり、1部屋まるごとプランや遺品整理プランといったプランが用意されているところもあります。
見積もりについては無料で行ってくれるところが多いため、1度問い合わせてみてはいかがでしょう。
悪い面としては、行政サービスと比べると料金が掛かるという事はありますが、回収業者によっては状態の良い家電を買取ってくれるという事もあります。
見積もりを取った上で、手間や時間のことも考えて、どちらを選ぶかを決めるのが良いでしょう。
残念な事ですが、不用品回収業者の中にも悪質な業者が存在しているという事も悪い面のひとつです。
完全無料と言いつつ高額な処分料金を請求するというケースもあるので、そのような悪質業者に引っかからないためにも、チラシだけを鵜呑みにしない事が大切でしょう。

見積もりについては無料で行ってくれるところが多い

引越しの際に出る多くの不用品、その処分については自治体のゴミ回収を利用する方法や不用品回収業者に頼むという方法の2通りがあります。 それぞれの良い点や悪い点を踏まえておくことで、お得に処分することが可能でしょう。 今回は、自治体のゴミ回収者と不用品回収業者の異なる点について解説いたします。

家電リサイクル法の対象品については回収の対象外

自治体のゴミ回収は税金により運営されているため、その分格安で処分してもらえるというのが大きなメリットでしょう。 ですが、行政サービスの際には、いくつかの決まりごとがあります。 例えばですが、家電リサイクル法の対象品については回収の対象外なため、パソコンの本体などは引き取ってもらえない場合が多いです。

長さや重さが決められているため

物干し竿のように長さが180センチを超える物やピアノのように大人が2人で持ち上げられない物は対象外になります。 自治体により回収日が指定される事がほとんどで、急に回収をお願いするのは難しいでしょう。 回収場所が決まっている場合もあるため、その際は、回収場所まで不用品を自分で持っていく必要があるでしょう。

▲ページTOPへ戻る